http://goods.blogmura.com/

本物の洋館にて2010/06/10 10:29

この写真は5年前に事務所の分室で借りていた80年前の洋館の応接室で撮影したものです。 小樽には、まだ現役で使用されている大正・昭和初期の商家が少なからずあります。この応接間の1室を借りていました、天井高は3m位あったと思います。窓はバランサー付きの上げ下げ窓でシャンデリアはまさに和製アールデコのスタイル。暖炉はスクラッチタイル貼りの大きなものです。 他の部屋は、天井に鉄板プレスの装飾が張られています。 当時としてはまだ珍しかったコンクリート造りの建物です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://otaru-dijital.asablo.jp/blog/2010/06/10/5151423/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。